Enter キーを押して検索するか、ESC キーを押して閉じます

最終更新: 2024年2月14日

オンラインカジノでのグッドマン法やり方 | 徹底解説 2024年5月【最新版】

オンラインカジノのグッドマン法

グッドマン法とは、オンラインカジノ攻略法の一つです。

一気に高額の勝利金を稼ぐ必勝法というより、長期戦を見据えてじっくりと勝利を積み上げて行く、堅実な攻略法がお好きな方は必見です!

当ページでは、オンラインカジノの攻略法『グッドマン法』について、下記の情報をお求めの方におすすめです。

✅ 低リスクで利益を上げていける攻略法が知りたい!
✅ グッドマン法の使い方や賭け方を覚えたい!
✅ グッドマン法を使う前に長所や短所、注意点を確認しておきたい!

エマ

グッドマン法はローリスクな戦略なので、低資金で利益を狙うことができます!勝率50%のカジノゲームに最適な攻略法なので、ブラックジャック、バカラ、ルーレットが好きな方は、グッドマン法を学んでみましょう♪

当ページを読めば分かる情報
  • グッドマン法が稼げる仕組み
  • グッドマン法の実践的な使い方
  • グッドマン法のメリットとデメリット

グッドマン法とは?

グッドマン法と1235法

グッドマン法とは、ゲーム連勝時の利益を高めるオンラインカジノ攻略法です。
ゲームで勝利するたびに「1」「2」「3」「5」の4段階に賭けるベット単位を変化させていくことから、別名で『1235法』とも呼ばれます。

グッドマン法の大きな特徴は低リスクで利益が確保できることです。
連勝時に得た利益を手元に残しつつ、負けた時の損失を抑えながら徐々に利益を増やしていける戦略であり、手堅く稼ぎたい方におすすめです。

さゆり

別の攻略法で『1326法』がありましたが、1326法とグッドマン法はどう違うの?

エマ

バーネット法(1326法)とグッドマン法は使い方や考え方は同じだけど、より低リスクで使える攻略法がグッドマン法で、リスクを上げて利益を追求した攻略法がバーネット法になっているのです。

オンラインカジノでのグッドマン法の使い方

オンラインカジノでのグッドマン法の使い方

オンラインカジノでのグッドマン法の使い方はとても簡単!

ゲームで勝利するたびに「1」「2」「3」「5」の4段階にベット単位を変化させていくだけです。

ゲームに負けた時点で攻略法はリセットされ、最大4連勝することで実質グッドマン法が成功となります。グッドマン法は連勝することで利益を確保していく戦略のため、勝つ可能性が高い勝率50%のカジノゲームに適した攻略法です。

オンラインカジノでグッドマン法を使う上での大切なポイントは以下の通りです。

  • 負けた時の損失を考慮して1ユニットの金額を決める
  • ゲームに勝った場合は順番通りに正確なユニット数を賭ける
  • ゲームに負けた場合は攻略法をリセットする

この3つのポイントを踏まえたうえで、グッドマン法の使い方を覚えていきましょう!

1.  1ユニットの金額を決める

オンラインカジノでグッドマン法を使う場合、ご自身の無理のない範囲で1ユニット(単位)の金額を設定します。

グッドマン法はゲームで勝利するたびに、「1単位→2単位→3単位→5単位」とベット単位を変化させ連勝時の利益を狙う戦略です。

1サイクルを達成した時点で11単位の利益が発生するため、仮に1ユニットを1ドルに設定していた場合は11ドルの利益、1ユニットを10ドルに設定していた場合は110ドルの利益が確保できます。

グッドマン法では、1ユニットの金額を上げるほど、得られる利益は増えますが、連勝するたびに賭ける金額も増加します。そのため、得る利益だけでなく賭ける金額や失う損失も考慮して1ユニットの金額を決めることが大切です。

2. 1ユニットを賭けてゲームスタート:「1」235のベット

グッドマン法での最初の賭けは ’’「1」235法 ’’ である「1ユニット」です。

ここでは、分かりやすく1ユニットを1ドルに設定して、ルーレットの「赤」に1ドルのチップを置いてゲームをスタートします。

オンラインカジノでのグッドマン法

3. 勝った場合はユニット数を変えて続行:1→「2」→「3」→「5」の順番にベット

オンラインカジノでのグッドマン法

直前のゲームで勝利した場合はグッドマン法を続行します。勝利した次のゲームでは賭けるユニット数が変化します。

1ゲーム目で1ユニットを賭けて勝利した場合は、2ゲーム目では ’’ 1「2」35法 ’’ である「2ユニット」が賭け金になります。

ここでは、ルーレットの「赤」に2ドルのチップを置いてゲームをスタートします。

オンラインカジノでのグッドマン法

このように、グッドマン法はゲームで勝利するたびに、賭けるユニット数を変化させて利益を狙う戦略です。

連勝することで下記のように賭けるユニット数が変化します。

ゲーム数 勝利した場合の進み方
1ゲーム目 『1』最初の1ユニットを賭けてスタート
2ゲーム目 『2』次の2ユニットを賭けてスタート
3ゲーム目 『3』次の3ユニットを賭けてスタート
4ゲーム目 『5』次の5ユニットを賭けてスタート
5ゲーム目 リセットor続行
さゆり

グッドマン法が『1235法』と呼ばれているのは、この賭け方が関係しているのですね!攻略名だけ覚えておけば楽に使えますね。

4. 負けた場合はグッドマン法をリセット

オンラインカジノでのグッドマン法

直前のゲームで負けた場合はグッドマン法をリセットします。

例えば、1ゲーム目で1ユニットを賭けて負けた場合は、次のベット単位に変更せずに、再度1ユニットの賭けを行います。

2ゲーム目で2ユニット、3ゲーム目で3ユニット、4ゲーム目で5ユニットの賭けを行った場合も、負けた時点で最初の1ユニットの賭けに戻ります。

5. 4連勝して「1235」の賭けを終えた場合は続行またはリセット

グッドマン法は「1」「2」「3」「5」の4つの賭けを終えた時点で実質1サイクルが終了します。

つまり、最大4連勝達成でグッドマン法は成功となります。

ただし、1サイクルを終えた場合は続行またはリセットを任意で選ぶことができます。

4連勝達成でリセットされる方は、’’「1」235法 ’’ である最初の「1ユニット」の賭けに戻ります。続行される方は ’’ 123「5」法 ’’ である「5ユニット」の賭けを繰り返し行います。

押さえておきたいポイント
1サイクル達成でリセットした場合は得る利益が減少しますが、負けた時の損失も抑えることができます。対して、継続した場合は得る利益と負けた時の損失が増加します。

グッドマン法のメリット

グッドマン法のメリット

グッドマン法の最大のメリットは、低リスクで利益を狙えることです。

グッドマン法は連勝時に発生した利益を手元に残しつつ、徐々に利益を増やしていく戦略です。

一度でも4連勝が達成できれば、連敗したとしても手元に利益が残りやすいシステムであるため、コツコツと収益を上げることができます。

エマ

グッドマン法は連勝時に賭ける金額を上げて利益を狙い、負けた場合は攻略法がリセットする仕組みなのです。そのため、連敗時には失う損失を減らしてくれます。

また、他の攻略法と違って覚えることが少ないため、習得&実践しやすいこともメリットと言えるでしょう。ここでは、そんなグッドマン法の大きなメリットを3つご紹介します。

1. 連勝するほど得る利益が増える

グッドマン法の最初のメリットは、連勝するほど利益が増えることです。

グッドマン法は勝利するごとに「1→2→3→5」と賭けるベット単位が上がっていくため、連勝すればするほど得る利益が増加します。

そして、最大4連勝達成でグッドマン法の1サイクルが終了します。

この時点で11ユニット分の利益を確保できますが、継続される場合は5ユニットの賭けを繰り返し行うため、さらに利益を高めることができます。

▼ グッドマン法で連勝した場合に得られる利益

連勝数 1 2 3 4 5 6 7 8
賭け金 1ドル 2ドル 3ドル 5ドル 5ドル 5ドル 5ドル 5ドル
利益 1ドル 2ドル 3ドル 5ドル 5ドル 5ドル 5ドル 5ドル
累計で得られる利益 1ドル 3ドル 6ドル 11ドル 16ドル 21ドル 26ドル 31ドル

※ 2倍配当ゲームでの結果|1ユニット1ドルに設定した場合

2. 連敗しても手元に利益が残せる

グッドマン法の次のメリットは、連敗しても手元に利益が残せることです。

グッドマン法は連勝時に賭けるベット単位を上げて利益を高める戦略ですが、ゲームに負けた時は攻略法がリセットされるため連敗時には賭けるベット単位を下げて損失を抑える戦略にもなっています。

このリセットされる仕組みがあるため、どんなに連敗しても蓄積される損失は1ユニットずつと最小限に抑えられます。

さゆり

連勝して利益を得た後に連敗した場合でも、減る金額が1ユニットずつだから、手元に利益が残りやすいということですね!

▼ グッドマン法で4連勝後に4連敗した場合(1サイクル終了で攻略法を継続)

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8
賭け金 1ドル 2ドル 3ドル 5ドル 5ドル 1ドル 1ドル 1ドル
勝敗 × × × ×
累計損益 1ドル 3ドル 6ドル 11ドル 6ドル 5ドル 4ドル 3ドル

▼ グッドマン法で4連勝後に4連敗した場合(1サイクル終了で攻略法をリセット)

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8
賭け金 1ドル 2ドル 3ドル 5ドル 1ドル 1ドル 1ドル 1ドル
勝敗 × × × ×
累計損益 1ドル 3ドル 6ドル 11ドル 10ドル 9ドル 8ドル 7ドル

3. 習得&実践しやすい

グッドマン法の最後のメリットは、数ある攻略法の中でも習得&実践しやすいことです。

グッドマン法は、ゲームの勝利時に「1→2→3→5」と順番に賭けを行い、負けた時に攻略法をリセットするシンプルな戦略なので、簡単に習得することができます。

また、グッドマン法で4連勝を達成して11ユニット分の利益を確保した場合、直後に10連敗したとしても利益が残せます。

このことから、手持ちの資金を大きく減らさずに、得た利益だけを使って更に利益を狙っていける実践しやすい攻略法と言えます。

▼ グッドマン法で得た利益が減るスピード

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7
賭け金 1ドル 2ドル 3ドル 5ドル 1ドル 1ドル 1ドル
勝敗 × × ×
累計損益 1ドル 3ドル 6ドル 11ドル 10ドル 9ドル 8ドル
ゲーム数 8 9 10 11 12 13 14
賭け金 1ドル 1ドル 1ドル 1ドル 1ドル 1ドル 1ドル
勝敗 × × × × × × ×
累計損益 7ドル 6ドル 5ドル 4ドル 3ドル 2ドル 1ドル

グッドマン法のデメリット

グッドマン法のデメリット

グッドマン法の最大のデメリットは、連勝が必須の長期戦向けの攻略法であることです。

グッドマン法は連勝するたびに賭ける金額と得る利益を高めていく戦略であるため、基本的に連勝できなければ利益の確保は難しい点がデメリットです。

実際、勝率の高いカジノゲームであっても、5連勝や10連勝を達成する確率はそこまで高くはありません。そのため、グッドマン法は時間をかけて利益を確保する長期戦向けの攻略法と言えます。

1ユニットの金額を高めて得る利益を上げる手段もありますが、1ユニットの金額が高いほど賭け金とリスクが上がるので、注意も必要です。

次は、グッドマン法のデメリットをご紹介します。

1. 連勝できなければ利益の確保が難しい

グッドマン法の最初のデメリットは、連勝できなければ利益の確保が難しいことです。

グッドマン法は、最初に1ユニットの賭けを行い、2連勝で2ユニット、3連勝で3ユニット、4連勝で5ユニットと、連勝するごとに賭けるユニット数を増やして利益を狙っていきます。つまり、基本的に連勝できなければ利益を確保することが難しいということです。

▼ グッドマン法で連勝できずに勝敗が交互になった場合

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7
賭け金 1ドル 2ドル 1ドル 2ドル 1ドル 2ドル 1ドル
勝敗 × × ×
累計損益 1ドル -1ドル ±0 -2ドル 1ドル -1ドル ±0

▼ グッドマン法で2連勝からの負けが交互になった場合

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8 9
賭け金 1ドル 2ドル 3ドル 1ドル 2ドル 3ドル 1ドル 2ドル 3ドル
勝敗 × × ×
累計損益 1ドル 3ドル ±0 1ドル 3ドル ±0 1ドル 3ドル ±0

※ 2倍配当ゲームでの結果|1ユニット1ドルに設定した場合

2. 大きな利益を手にするまでに時間がかかる

グッドマン法の次のデメリットは、大きな利益を手にするまでに時間がかかることです。

グッドマン法は「1→2→3→5」の4連勝を達成することで11ユニット分の利益を確保できる戦略ですが、勝率の高いゲームであっても4連勝できる確率はそこまで高くはありません。

2連勝が続いたり、勝ち負けが交互になったり、連敗が続いたりなど、思うように利益が上がらない場合もあるので、長期戦を覚悟した戦略と言えるでしょう。

▼ グッドマン法で得られる利益

連勝数 1 2 3 4
賭け金 1ドル 2ドル 3ドル 5ドル
利益 1ドル 2ドル 3ドル 5ドル
累計で得られる利益 1ドル 3ドル 6ドル 11ドル

3. 1ユニットの金額次第でリスクが上がる

グッドマン法の最後のデメリットは、1ユニットの金額次第でリスクが上がることです。

利益を得るために1ユニットの金額を高めてしまうと、賭ける金額や負けた場合に失う損失も大きくなるため、ユニット金額は慎重に決める必要があります。

▼ 1ユニット1ドルに設定した場合の賭け金と損失

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8
賭け金 1ドル 2ドル 3ドル 5ドル 1ドル 1ドル 1ドル 1ドル
勝敗 × × × × ×
累計損益 1ドル 3ドル 6ドル 1ドル ±0 -1ドル -2ドル -3ドル

▼ 1ユニット10ドルに設定した場合の賭け金と損失

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8
賭け金 10ドル 20ドル 30ドル 50ドル 10ドル 10ドル 10ドル 10ドル
勝敗 × × × × ×
累計損益 10ドル 30ドル 60ドル 10ドル ±0 -10ドル -20ドル -30ドル

グッドマン法と他のカジノ戦略を比較

グッドマン法と他のカジノ戦略を比較

グッドマン法のように、勝利時または連勝時に利益を上げる攻略法はいくつかあります。

代表的なもので、パーレー法、グランパーレー法、バーネット法などのベッティングシステムが挙げられます。

ここでは、これらの攻略法とグッドマン法のカジノ戦略を比較して、連勝した場合に得る利益と賭ける金額、五分五分の結果だった場合に残せる利益と損失を検証します。

10連勝した場合に得る利益と賭ける金額

グッドマン法、バーネット法、パーレー法、グランパーレー法でそれぞれ10連勝した場合は下記のように利益と賭ける金額が変化します。

連勝数 グッドマン法 バーネット法 パーレー法 グランパーレー法
賭け金 損益 賭け金 損益 賭け金 損益 賭け金 損益
1 1ドル 1ドル 1ドル 1ドル 1ドル 1ドル 1ドル 1ドル
2 2ドル 3ドル 3ドル 4ドル 2ドル 3ドル 3ドル 4ドル
3 3ドル 6ドル 2ドル 6ドル 4ドル 7ドル 7ドル 11ドル
4 5ドル 11ドル 6ドル 12ドル 8ドル 15ドル 15ドル 26ドル
5 5ドル 16ドル 6ドル 18ドル 16ドル 31ドル 31ドル 57ドル
6 5ドル 21ドル 6ドル 24ドル 32ドル 63ドル 63ドル 120ドル
7 5ドル 26ドル 6ドル 30ドル 64ドル 127ドル 127ドル 247ドル
8 5ドル 31ドル 6ドル 36ドル 128ドル 255ドル 255ドル 502ドル
9 5ドル 36ドル 6ドル 42ドル 256ドル 511ドル 511ドル 1,013ドル
10 5ドル 41ドル 6ドル 48ドル 512ドル 1,023ドル 1,023ドル 2,036ドル
攻略法 最大賭け金 利益
グッドマン法 5ドル 41ドル
バーネット法 6ドル 48ドル
パーレー法 512ドル 1,023ドル
グランパーレー法 1,023ドル 2,036ドル

10連勝した場合、得る利益が最も多いのはグランパーレー法で2,036ドルとなります。しかし、賭ける金額も最大1,023ドルと増大するため、リスクの高い戦略と言えます。

その点、グッドマン法はどうでしょう?

10連勝時に得る利益は41ドルと少ないですが、賭け金も最大5ドルと低リスクで利益が狙えることが分かります。

5連勝、5連敗した場合に残せる利益と損失

グッドマン法、バーネット法、パーレー法、グランパーレー法でそれぞれ5連勝、5連敗した場合は下記のように利益と損失が変化します。

ゲーム数 勝敗 グッドマン法 バーネット法 パーレー法 グランパーレー法
賭け金 損益 賭け金 損益 賭け金 損益 賭け金 損益
1 1ドル 1 1 1 1 1 1 1
2 2ドル 3ドル 3ドル 4ドル 2ドル 3ドル 3ドル 4ドル
3 3ドル 6ドル 2ドル 6ドル 4ドル 7 7ドル 11ドル
4 5ドル 11ドル 6ドル 12ドル 8ドル 15 15ドル 26ドル
5 5ドル 16ドル 6ドル 18ドル 16ドル 31 31ドル 57ドル
6 × 5ドル 11ドル 6ドル 12ドル 32ドル -1ドル 63ドル -6ドル
7 × 1ドル 10ドル 1ドル 11ドル 1ドル -2ドル 1ドル -7ドル
8 × 1ドル 9ドル 1ドル 10ドル 1ドル -3ドル 1ドル -8ドル
9 × 1ドル 8ドル 1ドル 9ドル 1ドル -4ドル 1ドル -9ドル
10 × 1ドル 7ドル 1ドル 8ドル 1ドル -5ドル 1ドル -10ドル
攻略法 残せる利益または損失
グッドマン法 7ドル
バーネット法 8ドル
パーレー法 -5ドル
グランパーレー法 -10ドル

勝敗が五分五分の場合、パーレー法やグランパーレー法では損失が発生しますが、グッドマン法やバーネット法では利益が残せることが分かりましたね。

日本の人気カジノでグッドマン法の必勝法を実践

このページでは、オンラインカジノの勝率50%の賭けに有効的な攻略法である『グッドマン法』について解説しました。

グッドマン法は、勝利するたびに「1」「2」「3」「5」と賭けるベット単位を上げて利益を狙う攻略法です。負けた時に攻略法をリセットすることから、得た利益を手元に残しながら、連敗時の損失を抑えて徐々に利益を確保していける優秀な戦略です。

賭け方や使い方も簡単なので、気になる方はオンラインカジノの実戦でグッドマン法を使ってみましょう!

当ページでは、グッドマン法の使用に最適なルーレット、ブラックジャック、バカラが豊富なオンラインカジノを厳選してご紹介しています。

下記のトップリストからプレイするオンカジを選んでみてくださいね。

おすすめオンラインカジノ【完全版】

1
ビーシーゲーム
4.1
下記のリンクから登録すると「入金不要ボーナス800円」と「360%最大260万円のボーナス」を獲得
2
ベラジョンカジノ
4.8
今すぐ登録して100%最高500ドルボーナスを獲得
3
トラストダイス
4.3
入金不要ボーナス100 Satoshiを獲得!
4
テッドベット
4.3
最大20万円+200回分スピンさらに選べる追加特典のウェルカムボーナス
5
ボンズカジノ
4.9
登録だけで5,000円の入金不要ボーナス!初回入金ボーナスは「最大39万5,000円ボーナス+200回分のフリースピン」
6
ジョイカジノ
4.4
最大395,000円+500フリースピンのウェルカムボーナス!
7
コンクエスタドール
4.8
最大2,500ドル+フリースピン200回のウェルカムボーナス進呈!
8
カジノシークレット
4.4
賭け条件なし!最大3,000ドルの初回入金ボーナス
9
遊雅堂カジノ
4.3
【限定】入金不要ボーナス3,000円+最高10万円のウェルカムボーナス進呈!
10
ミスティーノ
4.5
【限定】新規登録で3,500円の入金不要ボーナス

よくある質問(FAQ)

  • グッドマン法が使えるカジノゲームは?

    グッドマン法は約勝率50%(1/2)のカジノゲームに適した攻略法です。主に、ルーレットの赤黒賭けや奇数偶数賭け、ハイロー賭け、ブラックジャックやバカラ、シックボーの大小賭けやシングルナンバーベットに使えます。
  • グッドマン法のメリットは?

    グッドマン法のメリットは、連勝時の利益を上げられる、使い方がシンプル、連敗しても手元に利益が残りやすい、少ない資金でも使える、習得&実践しやすい、などが挙げられます。
  • グッドマン法のデメリットは?

    グッドマン法のデメリットは、連勝できない場合に利益が上がらない、大きな利益を出すまでに時間がかかる、ユニット金額を高めることでリスクが増す、などが挙げられます。
  • グッドマン法を3倍配当のゲームで使っても大丈夫?

    グッドマン法は連勝できなければ利益を確保することが難しいため、勝率の低い3倍配当のゲームには適していません。
エマ
エマ 担当: カジノライター オンラインカジノ歴: 15年

1991年生まれ 東京都出身 大学卒業後に一般企業に就職、そのあと語学留学でヨーロッパに滞在している時に、現地のゴージャスなランドカジノにハマりました。日本に帰国後は、オンラインカジノで主にバカラとブラックジャックをプレイしています。カジノで得た知識を活かし、おすすめのゲームや必勝法を中心に様々な記事をお届けしています。