Enter キーを押して検索するか、ESC キーを押して閉じます

最終更新: 2024年2月14日

オンラインカジノでの10%法やり方 | 徹底解説 2024年5月【最新版】

オンラインカジノ10%法の使い方

オンラインカジノで使える攻略法には様々なタイプがありますが、その中でもローリスクでハイリターンが見込める戦略はあまり多くはありません。

今回ご紹介する攻略法は、そんなローリスク&ハイリターンで人気の『10%法(10パーセント法)』と呼ばれるベッティングシステムです。

当ページは以下の情報をお探しの方におすすめです。

✅ 少ない資金でも使える攻略法が知りたい
✅ 初心者でも簡単に使える戦略が知りたい
✅ 10%法の使い方や賭け方を教えて
✅10%法のメリットとデメリットが知りたい

10%法の使い方や賭け方、メリットからデメリットまで、10パーセント法を学んで、オンラインカジノの利益や勝率を高めましょう!

さゆり

「10パーセント法」か…。割引やパーセントの計算は苦手なんだけど、そんな私にも使える?

エマ

10%法はオンカジ未経験者でも簡単に使える攻略法だから安心してください♪

当ページを読めば分かる情報
  • オンラインカジノの10パーセント方について
  • 10パーセント法の使い方
  • 10パーセント法が使えるカジノゲーム

10%法とは?

オンラインカジノでの10%法の使い方

10%法とはカジノ必勝法の一つで、資金の10%を賭けていく攻略法です。
ゲームの勝ち負けに関わらず、常に使える総資金の10%をベットしていくことから、10パーセント法と呼ばれています。

10%法の大きな特徴は、ゲームの勝敗に合わせてリスクとリターンの大きさが変化することです。

使える総資金を任意で決めた後、ゲームに勝って増えた利益とゲームに負けて減った損失を含めた総資金の10パーセントを賭けていくため、負けた次のゲームでは賭ける金額が減少し、勝った次のゲームでは賭ける金額が増加する仕組みを作り出します。この戦略がローリスクローリターンと言われている理由です。

エマ

10%法は資金の10パーセントを賭けるだけの単純で初心者でも扱いやすい攻略法です!ただし、使用する上での注意点やデメリットも存在します。まずは10%法の使い方をしっかりと覚えましょう♪

オンラインカジノでの10%法の使い方

オンラインカジノでの10%法の使い方は至って単純です。

10%法は使える総資金の10パーセントを賭けるだけというシンプルな戦略であるため、誰でも簡単に使えるようになります。

オンラインカジノにおいて10%法を使う上での大切なポイントは以下の通りです。

  • 自身の負担にならない範囲で使える総資金を設定すること
  • 総資金の10パーセントをベットすること
  • ゲーム結果後に残った総資金の10パーセントをベットすること

この3つのポイントを踏まえておくだけで誰でも簡単に10法を扱うことができます。

ここでは、オンラインルーレットの赤黒賭けで「赤」にチップを賭ける想定をして、10%法の使い方や手順を詳しく説明していきます。

1⃣ 使える総資金を設定する

オンラインカジノでの10%法の使い方

オンラインカジノで10%法を使うために、まず最初に使える総資金を設定します。

ここでの使える総資金とは、カジノに使う軍資金で失っても問題のない余剰資金のことです。

例えば、総資金20万円のうち、オンラインカジノに使える金額(最悪失っても良い金額)が5万円だった場合、設定する総資金は20万円ではなく、「5万円」とすることが適切です。

エマ

稼ぎやすいと言われるオンラインカジノですが、攻略法を使っても、ギャンブルである以上、勝つ確率は100%ではありません。最悪のケースを考えて、なくなって困るような資金は使わないように総資金を設定しましょう!

2⃣ 総資金の10%をベットする

オンラインカジノでの10%法の使い方

次に、総資金の10%を計算してベットします。

例えば、使える総資金を100ドルに設定していた場合、100ドルの10%は「100ドル×10%(0.1)」で計算できます。

算出した『10ドル』を賭け金として、赤黒賭けの「赤」にベットします。

3⃣ 残った総資金の10%をベットする

オンラインカジノでの10%法の使い方

次に、残った総資金の10%を計算してベットします。

例えば、使える総資金を100ドルに設定していた場合、総資金100ドルの10%である10ドルの賭けを行っているため、勝った場合は「総資金110ドル」に、負けた場合は「総資金90ドル」になります。

つまり、勝った次のゲームでは、総資金110ドルの10%である『11ドル』を賭け金として、負けた次のゲームでは、総資金90ドルの10%である『9ドル』を賭け金として、赤黒賭けの「赤」にベットします。

このように、10%法とは、ゲーム結果に合わせて変化した総資金の10パーセントを常にベットしていく簡単な方法です。

総資金の10%が小数点以下になった場合は切り捨てる

10%法を使ってカジノゲームをプレイする中で、計算結果が小数点になり必ず割り切れない数が出てきます。

割り切れなくなった数字は「小数点以下で切り捨てる」ようにしましょう。

例えば、残りの総資金が「397ドル」だった場合、次のゲームでは総資金397ドルの10%である「39.7ドル」が本来のベット金額となりますが、この場合は小数点以下の「7」を切り捨て、ベット金額を『39ドル』としましょう。

エマ

小数点以下は「切り捨て」「切り上げ」どちらでも可能です!計算しやすい方で対応しましょう♪

10%法の利点

10%法の利点

10%法の大きな利点はローリスクハイリターンな戦略であることです。

ゲーム結果に合わせて常に総資金の10パーセントを賭けていく10%法は、勝った次のゲームでは賭ける金額が増加するため連勝時にはより多くの利益が見込めます。

反対に、負けた次のゲームでは賭け金が減少するため連敗時には損失の発生を抑える仕組みです。

10%法は誰でも簡単に使える戦略でありながら、資金管理に向いているため、オンカジ初心者~経験者まで多くのプレイヤーにおすすめの攻略法です。

ここでは、そんな10%法の利点である3つのメリットを具体例を付けてご紹介します。

具体例は2倍配当のゲームで総資金100ドルからスタートした場合を想定しています。

1⃣ 連勝時により多くの利益が発生する

10%法の利点は、連勝時により多くの利益が獲得できることです。

10%法は、常に使える総資金の10%の金額を賭け金とするため、使える総資金が増えるほど賭ける金額と得る利益が増加します。

つまり、連勝するほど使える総資金が増えていくため、必然と手にする利益も大きくなるということです。

▼10%法で5連勝した場合の結果

ゲーム数 総資金 賭け金 勝敗 ゲーム終了後の総資金 累計損益
1 100ドル 10ドル 〇(+10ドル) 110ドル 10ドル
2 110ドル 11ドル 〇(+11ドル) 121ドル 21ドル
3 121ドル 12ドル 〇(+12ドル) 133ドル 33ドル
4 133ドル 13ドル 〇(+13ドル) 146ドル 46ドル
5 146ドル 14ドル 〇(+14ドル) 160ドル 60ドル

2⃣ 連敗時に損失の発生を抑える

10%法の次の利点は、連敗時に損失の発生を抑えてくれることです。

10%法は、ゲームの勝敗に関わらず常に総資金の10%の金額をベットするため、使える総資金が減るほど賭ける金額と失う損失が減少する仕組みです。つまり、連敗するほど使える総資金が減っていくため、連敗時の損失の発生を抑えてくれるというわけです。

▼10%法で5連敗した場合の結果

ゲーム数 総資金 賭け金 勝敗 ゲーム終了後の総資金 累計損益
1 100ドル 10ドル ×(-10ドル) 90ドル -10ドル
2 90ドル 9ドル ×(-9ドル) 81ドル -19ドル
3 81ドル 8ドル ×(-8ドル) 73ドル -27ドル
4 73ドル 7ドル ×(-7ドル) 66ドル -34ドル
5 66ドル 6ドル ×(-6ドル) 60ドル -40ドル

3⃣ 資金管理に向いている

10%法の最後の利点は、資金管理に向いていることです。

10%法は、あらかじめ使える総資金を設定し、ご自身の使える金額内で10%の賭けを行うローリスクハイリターンな戦略であるため、資金が急激に変化することもなく、資金管理のしやすい攻略法と言えます。

また、10%法は損失や利益、賭け金の増減が緩やかなので、利益を得ている場合でも損失が発生している場合でも、任意のタイミングで切り上げやすい戦略と言えるでしょう。

エマ

一度に高額な利益を得た時、または失ったときに、ゲームのプレイを切り上げることは熟練のギャンブラーにも難しいと言われています!やめ時が見極められない方でも資金管理が苦手な方でも、10%法を使っていれば簡単に実践できますね♪

10%法の欠点

10%法の欠点

10%法の大きな欠点は長期戦での損失額の回収には時間がかかることです。

ゲーム結果後に残る総資金の10パーセントの賭けを行う10%法は、勝った次のゲームでは賭ける金額が増し、負けた次のゲームでは賭ける金額が減る特性を持つことから、短期戦や長期戦においても比較的ローリスクハイリターンの戦略と言えます。

しかしながら、この低リスクの戦略が逆に損失額の回収を遅らせる大きな原因にもなります。

ここでは、10%法の欠点である3つのデメリットを具体例付きでご紹介します。

具体例は2倍配当のゲームで総資金100ドルからスタートした場合を想定しています。

1⃣ 勝敗が交互に続くと損失額が徐々に増える

10%法の欠点は、勝敗が交互に続く場合に損失額が徐々に蓄積されることです。

10%法は、ゲームの勝利時に利益、総資金、賭け金を増やし、ゲームに負けた時に損失、総資金、賭け金を減らす戦略です。

そのため、勝った次のゲームでは得る利益だけでなく失う損失も大きくなるため、勝ち負けを繰り返すゲーム状況では徐々に損失額が蓄積されてしまいます。

▼10%法で勝敗が交互に続いた場合の結果

ゲーム数 総資金 賭け金 勝敗 ゲーム終了後の総資金 累計損益
1 100ドル 10ドル 〇(+10ドル) 110ドル 10ドル
2 110ドル 11ドル ×(-11ドル) 99ドル -1ドル
3 99ドル 9ドル 〇(+9ドル) 108ドル 8ドル
4 108ドル 10ドル ×(-10ドル) 98ドル -2ドル
5 98ドル 9ドル 〇(+9ドル) 107ドル 7ドル
6 107ドル 10ドル ×(-10ドル) 97ドル -3ドル

2⃣ 勝敗が五分五分でも損失が発生する

10%法の次の欠点は、勝敗が五分五分の場合でも損失が発生してしまうことです。

10%法は、勝った場合に総資金が増加するため、勝った次のゲームでは得る利益を高めます。

これは、同時に負けた時に失う損失も大きくなることを意味します。

つまり、10%法で勝った回数と負けた回数が同じだった場合でも損失が発生するということです。

▼10%法で勝敗が五分五分だった場合の結果

ゲーム数 総資金 賭け金 勝敗 ゲーム終了後の総資金 累計損益
1 100ドル 10ドル 〇(+10ドル) 110ドル 10ドル
2 110ドル 11ドル ×(-11ドル) 99ドル -1ドル
3 99ドル 9ドル 〇(+9ドル) 108ドル 8ドル
4 108ドル 10ドル ×(-10ドル) 98ドル -2ドル
20 100ドル 10ドル ×(-10ドル) 90ドル -10ドル
21 90ドル 9ドル 〇(+9ドル) 99ドル -1ドル
さゆり

勝ち負けを繰り返すと、最終的には勝っても損失が回収しきれなくなってしまうのですね。

3⃣ 連敗からスタートすると損失額を回収しにくい

10%法の最後の欠点は、連敗からスタートした場合に損失額が回収しにくいことです。

10%法は、連勝することで利益や総資金を上げてくれる戦略のため、連敗からスタートした場合、初期資金を減らした状態での10パーセントの賭けが始まり、結果的に損失額が回収しにくくなります。

下記の例を見ると分かる通り、2連敗の損失を回収するためには最低でも3連勝が必要です。

▼10%法で連敗からスタートした場合の結果

ゲーム数 総資金 賭け金 勝敗 ゲーム終了後の総資金 累計損益
1 100ドル 10ドル ×(-10ドル) 90ドル -10ドル
2 90ドル 9ドル ×(-9ドル) 81ドル -19ドル
3 81ドル 8ドル 〇(+8ドル) 89ドル -11ドル
4 89ドル 8ドル 〇(+8ドル) 97ドル -3ドル
5 97ドル 9ドル 〇(+9ドル) 106ドル +6ドル

10%法が使えるベストゲーム

10%法が使えるベストゲーム

10%法が使えるベストゲーム

10パーセント法の高い効果が期待できるベストゲームは勝率約50%の2倍配当ゲームです。

オンラインカジノで遊べる2倍配当のゲームには下記のようなものがあります。

  •  ルーレット
  • ブラックジャック
  • バカラ
  • シックボー

この中でも、特に10%法と相性抜群のゲームはルーレットです。

ルーレットは直前・直近のゲーム履歴を見ることができるため、計算ミスを未然に防ぐことや勝負の流れを目視で確認しながら10%法が効果的に扱える人気ゲームです。

ここでは、各カジノゲームを簡単に説明しながら、10%法に最適な賭け方をご紹介します。

さゆり

10%法は、戦略的にテーブルゲーム、ライブカジノゲーム全般で使えますが、連勝時に高い効果を発揮するため勝率の高いゲームがおすすめですね♪

ルーレット

ルーレット

ルーレットは玉が落ちる数字を予想してチップを賭けるカジノゲームです。

ルーレットで10%法を使う場合、下記の勝率50%の賭け方である「赤黒賭け」「ハイロー賭け(1-18、19-36)」「奇数偶数賭け(Odd、Even)」の何れかを選びましょう。

ブラックジャック

ブラックジャック

ブラックジャックは、手札にカードを追加しながら合計点数「21」を狙うカジノゲームです。基本的に約2倍配当のゲームとなるため10%法が適用できます。

バカラ

バカラ

バカラは、バンカーとプレイヤーどちらが勝利するかを予測して楽しむカジノゲームです。基本的に約2倍配当のゲームとなるため10%法が適用できます。

シックボー

シックボー

シックボーは3つのサイコロの出目や合計数を予想してチップを賭けるカジノゲームです。

シックボーで10%法を使う場合、下記の勝率50%の賭け方である「大小」「シングルナンバー」を選びましょう。

10%法のシミュレーション

ローリスクかつハイリターンで優秀な10%法ですが、果たして実戦で使用した場合に損失を抑えながら上手く利益を出すことはできるのでしょうか?

ここでは、10%法を実戦で使用しながら、10パーセント法の実際の効果について検証してみます。

 10%法を検証する際の統一ルール

  • ベラジョンカジノで遊べる「ルーレットネオ」で実践
  • 使える総資金は1,000ユーロからスタート
  • 割り切れない数字は切り捨てる
  • 赤黒賭けで「赤」にチップを賭ける
  • 玉が「0」に入った時点で負けとする
  • 1セット20ゲームとし、これを3セット行う

それでは早速、ベラジョンカジノのルーレットで検証していきましょう!

【1回目】14勝6敗、累計損益:+1,018ユーロ

1回目:1,018ユーロの利益

10%法の1回目の検証結果は、14勝6敗で【1,018ユーロ】の利益を出して勝利しました。1ゲーム目から7連勝したことで10%法の強みを上手く引き出せました。

▼ 1回目の検証結果

1回目:1,018ユーロの利益

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
総資金 1,000 1,100 1210 1,331 1,464 1,610 1,771 1,948 1,754 1,579
賭け金 100 110 121 133 146 161 177 194 175 157
勝敗 × × ×
残高 1,100 1,210 1,331 1,464 1,610 1,771 1,948 1,754 1,579 1,422
累計損益 100 210 331 464 610 771 948 754 579 422
ゲーム数 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
総資金 1,422 1,564 1,720 1,548 1,394 1,533 1,380 1,518 1,669 1,835
賭け金 142 156 172 154 139 153 138 151 166 183
勝敗 × × ×
残高 1,564 1,720 1,548 1,394 1,533 1,380 1,518 1,669 1,835 2,018
累計損益 564 720 548 394 533 380 518 669 835 1,018

【2回目】12勝8敗、累計損益:+350ユーロ

2回目:350ユーロの利益

10%法の2回目の検証結果は、12勝8敗で【350ユーロ】の利益を出して勝利しました。

6ゲーム目から累計損益がマイナス収支になりましたが、その後の連勝により、プラス収支に回復することができました。

▼ 2回目の検証結果

2回目:350ユーロの利益

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
総資金 1,000 1,100 1210 1,331 1,198 1,079 972 875 962 1,058
賭け金 100 110 121 133 119 107 97 87 96 105
勝敗 × × × ×
残高 1,100 1,210 1,331 1,198 1,079 972 875 962 1,058 1,163
累計損益 100 210 331 198 79 -28 -125 -38 58 163
ゲーム数 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
総資金 1,163 1,047 1,151 1,266 1,392 1,531 1,378 1,241 1,117 1,228
賭け金 116 104 115 126 139 153 137 124 111 122
勝敗 × × × ×
残高 1,047 1,151 1,266 1,392 1,531 1,378 1,241 1,117 1,228 1,350
累計損益 47 151 266 392 531 378 241 117 228 350

【3回目】8勝12敗、累計損益:-394ユーロ

3回目:394ユーロの損失

今回の大きな敗因は一度も連勝することができなかったことです。とはいえ、負け数が勝利数を上回る状態でも総資金を全て失わずに20ゲームが達成できたのは、10%法がローリスクな戦略であるからと言えます。

▼ 3回目の検証結果

3回目:394ユーロの損失

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
総資金 1,000 900 990 891 802 882 794 715 786 708
賭け金 100 90 99 89 80 88 79 71 78 70
勝敗 × × × × × ×
残高 900 990 891 802 882 794 715 786 708 778
累計損益 -100 -10 -109 -198 -118 -206 -285 -214 -292 -222
ゲーム数 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
総資金 778 855 770 847 763 687 619 680 612 673
賭け金 77 85 77 84 76 68 61 68 61 67
勝敗 × × × × × ×
残高 855 770 847 763 687 619 680 612 673 606
累計損益 -145 -230 -153 -237 -313 -381 -320 -388 -327 -394

日本のトップカジノで10%法の必勝法を実践

当ページでは、オンラインカジノゲームの攻略法で知られる10%法の使い方や賭け方、メリットからデメリットまで詳しく解説しました。

10パーセント法は連敗時の損失を抑えながら連勝時の利益を高めるローリスクハイリターンの戦略です。使える総資金を予め設定するため、万が一、全負けしても発生する損失は設定した資金分のみとなるため、安心してベットすることができます。

10パーセント法は総資金の10%を賭けるだけのシンプルな戦略となっているため、誰でも簡単に使用できます。

10%法を練習される方や実践される方は、下記のトップリストからオンラインカジノを選択して、2倍配当のゲームで実践してみましょう。

おすすめオンラインカジノ【完全版】

1
ビーシーゲーム
4.1
下記のリンクから登録すると「入金不要ボーナス800円」と「360%最大260万円のボーナス」を獲得
2
ベラジョンカジノ
4.8
今すぐ登録して100%最高500ドルボーナスを獲得
3
トラストダイス
4.3
入金不要ボーナス100 Satoshiを獲得!
4
テッドベット
4.3
最大20万円+200回分スピンさらに選べる追加特典のウェルカムボーナス
5
ボンズカジノ
4.9
登録だけで5,000円の入金不要ボーナス!初回入金ボーナスは「最大39万5,000円ボーナス+200回分のフリースピン」
6
ジョイカジノ
4.4
最大395,000円+500フリースピンのウェルカムボーナス!
7
コンクエスタドール
4.8
最大2,500ドル+フリースピン200回のウェルカムボーナス進呈!
8
カジノシークレット
4.4
賭け条件なし!最大3,000ドルの初回入金ボーナス
9
遊雅堂カジノ
4.3
【限定】入金不要ボーナス3,000円+最高10万円のウェルカムボーナス進呈!
10
ミスティーノ
4.5
【限定】新規登録で3,500円の入金不要ボーナス

よくある質問(FAQ)

  • 10%法が使えるカジノゲームは?

    10%法が使えるカジノゲームは勝率約50%(1/2)の2倍配当ゲームです。主に、ルーレットの赤黒、奇数偶数、ハイロー、ブラックジャック、バカラ、シックボーの大小、シングルナンバーの賭けで使うことができます。
  • 10%法の引き際は?

    10%法は他の攻略法とは異なり、明確に終わりがないため、予め引き際を決めておくと良いでしょう。「総資金の〇%負けたらやめる」「総資金の〇%増えたらやめる」など具体的に決めておきましょう。
  • 10%法は他の攻略法と組み合わせて使うことはできる?

    10%法は他の攻略法と組み合わせて使用することができます。ただし、10%法は10パーセントの計算が必須なので、難易度はやや高めです。
  • 10%法を3倍配当のゲームで使用しても大丈夫?

    10%法は連勝時に利益を上げる戦略となるため、勝率の低い3倍配当のゲームには適していません。
エマ
エマ 担当: カジノライター オンラインカジノ歴: 15年

1991年生まれ 東京都出身 大学卒業後に一般企業に就職、そのあと語学留学でヨーロッパに滞在している時に、現地のゴージャスなランドカジノにハマりました。日本に帰国後は、オンラインカジノで主にバカラとブラックジャックをプレイしています。カジノで得た知識を活かし、おすすめのゲームや必勝法を中心に様々な記事をお届けしています。