知りたい、ポーカー ルール!

ポーカー ルールをご存知でしょうか?ポーカーは元々は家族同士で遊ぶタイプのトランプカードゲームで19世紀のアメリカで生まれました。後にギャンブラーたちにその魅力を見出され、ルールなども改善され、どんどん成長していきました。今日、ポーカーゲームは老若男女問わず多くの人々が非常に楽しめるゲームで、カジノオンライン 無料版においての人気は常にトップクラスです。

ポーカーはシンプルに言うと、ポーカーゲームは配られた5枚のカードのコンビネーション(これが手役であり「ハンド」と呼ばれるもの)の強さのレベルによって勝ち負けが決まるゲームです。
テキサスホールデム、オマハ、セブンカードスタッド、ラズアンド2-7トリプルドローなどのゲームもこのポーカーのゲームが基本となって派生したものです。

ポーカーのハンドは全部で10種類あります。

ハイカード   役なし
ワンペア     全く同じ数字のカードが2枚
ツーペア     全く同じ数字のカードが2枚が2セット
スリーカード   全く同じ数字のカードが3枚
ストレート   数字のカードが5枚、数字の順番で並ぶ
フラッシュ   全く同じマーク(ハート、クローバー、ダイヤ、スペードのいずれか)が5枚
フルハウス   いずれもマークに関係なく全く同じ数字が3枚と全く同じ数字が2枚
フォーカード   マークは関係なく全く同じ数字が4枚
ストレートフラッシュ  同じマークで数字順番に並んだもの
ロイヤルフラッシュ  数字の10、エース、ジャック、クイーン、キングが揃いマークが全て同じ組み合わせ

カジノオンラインのプレイでは人数が多い方がいいのかも知れませんが、普通のポーカーは2名だけでも大丈夫です。ますは、それぞれのプレイヤーに5枚のカードを裏面にして配っていきます。そして残りのトランプカードは全部まとめてテーブルの真ん中に裏面の束にして置きます。それから何らかの方法で(例えばジャンケンなどで)どちらが先にプレイを開始するかを決めてます。ここで自分に配られた5枚のカードの中身を見ることができますが、普通は相手には見えないように伏せておくでしょう。
カードの中身からどんなハンドができるのかを判断しいらないカードを表にして裏面のトランプのカードの束の横に捨てます。そして捨てたカードと同じ枚数のカードを裏面のカードの束から拾い、ここでまたどんなハンドができるのかを考えます。自分の出番が終わったら相手の出番になり、この同じ作業を繰り返していきます。ハンドを先に作った方はもう手持ちのカードを捨てたくないのでそこで作業を終えます。相手のプレイヤーはこの後一回だけカードを捨てるなり拾うなりして終了になります。お互いにカードを見せ合い、より高いハンドを作った方が勝ちとなります。

テキサスホールデムはポーカーゲームの派生なので上記のルールに以下の要素が加わります。

こちらも最低2名から参加することが可能です。ここでは合計8名が揃ってプレイをしているとしましょう。
まずはビッグブラインドとスモールブラインドと呼ばれる2名のプレイヤーを選出するところから始まります。スモールブラインドがある金額を賭けたら、ビッグブラインドはスモールブラインドの2倍を賭けることになります。そして残りのプレイヤーが賭けることができる金額の最小額は、このビッグブラインドが賭けた金額となります。

まずはディーラーがプレイヤー全員に2枚ずつカード伏せた状態にして配ります。これを「ホールカード(Hole card)と呼びます。

ラウンドですが、全部で4つあり、第一のラウンド「プリフロップラウンド」が始まります。時計回りでこのラウンドで最初の一手を切る人を「アンダーザガン(under the gun)」と呼び、アンダーザガンが取ることが出来るアクションは以下の3つになります。

①コール  (ビッグブラインドと同額の賭け金を賭ける)
②レイズ  (ビッグブラインドよりも少なくとも2倍の賭け金を賭ける)
③オールイン(自分の手持ちの賭け金全ての額を賭ける)

もしくは、フォールド(手持ちのカードを捨てる)というアクションです。手持ちの賭け金を1ドルも犠牲にすることなく次のゲームに進むことになります。

残りのプレイヤーもそれぞれのアクションを決めたら「プリフロップラウンド」は終了です。

そして、第2ラウンド「フロップラウンド」が始まります。ディーラーによって表向きの3枚のコミュニティカードがテーブルのど真ん中に置かれます。各プレイヤーは自分の手持ちの2枚のカードとこの3枚のコミュニティーカードを照らし合わせながらハンドを作ります。ここではこの時点でのスモールブラインドのプレイヤーが最初の一手を切ることになります。この最初の一手を切るプレイヤーに可能な選択肢は以下の3つです。

①チェック (何も賭けずに次のプレイヤーにパスする)
②ベット  (ビッグブラインドと同じ額を賭ける、この選択が取られると他のプレイヤーはこのプレイヤーと同額を賭ける事になります)
③オールイン(自分の手持ちの賭け金全てを賭ける)

もしくは、おすすめはされませんが、フォールド(手持ちのカードを捨てる)というアクションです。カードを捨て次のプレイヤーに出番を回します。

地域によっても異なりますが、ここではもしこの最初の一手を切るプレイヤーがベットするとしたら、他のプレイヤーたちは「コール」「レイズ」をしなければなりません。しかしもしも最初の一手を切るプレイヤーが「チェック」をしてしまったならば、この後のラウンドは完全にオーペンベットではなくなります。

第3のラウンド「ターンラウンド」を回し、第4のラウンド「リバーラウンド」が、最後の賭けになります。

ポーカーを一つ知っているとたくさんのゲームで遊べるようになるのでぜひポーカーだけはしっかりと覚えておきたいものです。

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply

Login/Register access is temporary disabled