ハウスエッジって?

ハウスエッジとはギャンブル、カジノ オンライン 無料などでもよく聞く英単語ですが、日本語で言うと「控除率」となります。どういう意味かというと、とある賭けごとをするためにどのくらいの手数料(賭け事の主催者の取り分)が取られるのか、損をするか、などを示す平均割り合いのことになります。よって、ハウスエッジが低いということは、賭け事に参加している人たちの取り分がそれだけ多いということにもなります。

このハウスエッジという言葉をカジノ オンライン 無料を通して知ったという人が最近では一番多いのではないかと思いますが、実は様々なギャンブルや賭け事で既に使われているものなんです。
例えば、1億円宝くじ、パチンコ、競馬、競輪、マージャンなどでもハウスエッジは存在します。
賭け事とは常に主催者側が利益を出さなければ存在し得ることはできないのです。
なので、このハウスエッジについては理解を深めることが必要になってきます。ただ主催者側だって誰も得をしないゲームを開催したところで、人が集まってくるはずがないことくらい知っています。
オンラインカジノなどでも勝利を得る人は少ないですが、儲けている人たちだっているということも事実です。そして、宝くじよりも当選率が高く、参加者に還元される可能性もあり、しかも参加者はわずかながらでもその流れをコントロールする権利を与えられている、それがオンラインカジノ、パチンコ、マージャンなどです。つまりゲームプレイが行える類のギャンブルでしょう。ただ意外なのはカジノのハウスエッジは、他の賭けゲームなどより若干低い傾向にあります。ということは、賭けをする人たちは少しでも多い取り分が貰えるということでもあります。

ハウスエッジを含めて考えた具体的な金額はいかほどになるのでしょうか?
例えば、ルーレットなどでハウスエッジが10パーセントだったとします。ここから考えてみると、カジノでの最低賭け金額が1ドル程度とすると、カジノ主催者側は全てのカジノゲームに対して、最低10セントは利益として得ているということになります。そして残りの90セントはどうなるのでしょうか?もちろん、カジノプレイヤーに賞金や分け前としてお支払いしているということになります。ただ1ドルを大体100円として、それだけの少ない金額での賭けだったらゲームに負けてしまった場合は恐らくですが、100円丸ごとなくなってしまうことの方が多いでしょうね。もしくは、勝った場合はそのまま倍額の2ドル、つまり200円程度が戻ってくるということにもなります。これはあくまでも金額がとても少額だからということになります。一定以上の賭け金額が要求されるようなカジノゲームでしたらきちんとハウスエッジについては計算しておくと良いでしょう。

このハウスエッジ、主催者側への支払い金額の割り合いは実はプレイするゲームによっても違ってくるんです。それにカジノの主催者側の意向によっても変わってきますから、プレイする前に一息ついて考えてみるのも悪くないでしょう。
例えば、ブラックジャックやバカラなど、トランプカードを使用したの簡単なタイプのカジノカードゲームはハウスエッジが低いというのもよくあることです。初心者の人たちはまずこういったハウスエッジが低いゲームから遊び始めていくのが最も堅実な方法かもしれません。
一方、ルーレット、スロットマシーン、そしてトランプカードを使ったゲームの中でもカリビアンスタッドポーカー (Caribbean Stud Porker)というカジノ主催者側と賭けをするお客さん側が対決するというカードゲームだと、このハウスエッジはかなり高くなってくるというような傾向が見られやすいようです。

ハウスエッジという言葉を知らなかったとしたら、恐らくカジノプレイに対して目を向けていたのはどれだけの配当金、賞金が配られるのか…といった部分だけだったでしょう。ハウスエッジ(主催者側へのお小遣い)の金額が高いゲームは大体のところはとても魅力的な賞金金額が提示されています。プラスマイナスなどの計算をして自分が遊びやすいゲーム、自分の資金などに合ったゲーム選びも大切になってきます。

では、ハウスエッジをカジノゲームプレイの妨げにならないように考えつつ、賞金ゲットを目指して参加するにはどうすればいいのでしょうか?

短期決戦としてカジノゲームに参加するということなのであれば、ハウスエッジには目もくれずやりたいゲームで遊ぶという人たちもいることはいます。短期だとハウスエッジはそこまで邪魔にならないこともあるからです。しかし、長期的なプランを立てているのであれば、やっぱりこのハウスエッジはどうしても無視できない要素になってくるのです。それだけ毎回多くのハウスエッジを支払う場面に出くわすということになるからです。
引き際も読みつつ、賭け金額は勝負ごとにメリハリをつける、ということも大事です。同じ金額を賭けると同じハウスエッジが取られます。時には掛け金額を少なく、時には賞金を考慮して勝つ、損を取りかえすつもりで賭け金額を上げるということが重要になってきます。勝負の波に合わせるということですね。

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply

Login/Register access is temporary disabled