Enter キーを押して検索するか、ESC キーを押して閉じます

最終更新: 2024年7月10日

ビッグウィンカジノの本人確認(アカウント認証)のやり方と必要書類について!2024年7月【最新版】

ビッグウィンカジノの本人確認のやり方

このページでは、ビッグウィンカジノの本人確認(KYC)について詳しく解説していきます。

ビッグウィンカジノでまだプレイしたことがない方は、ぜひこのページを最後まで読んで、ビッグウィンカジノの本人確認の手順をご確認ください。

この記事を読んで分かること

①ビッグウィンカジノの本人確認について

②ビッグウィンカジノの本人確認で提出が必要な書類

③ビッグウィンカジノの本人確認の際の注意点

ビッグウィンカジノの本人確認(アカウント認証)方法について

ビッグウィンカジノの本人確認

ビッグウィンカジノは仮想通貨カジノであるため、仮想通貨のみを利用する場合は基本的に本人確認(KYC)は不要です。

ただし、一定金額以上の出金をする際や日本円など法定通貨で入出金を行う場合は、ライセンス規定に基づき、身分証明書類による本人確認が(アカウント認証)求められます。

ベガウォレットや銀行送金で入出金をするには、個人情報の入力が必要になります。

スムーズに出金するためにも、あらかじめ準備しておくとよいでしょう。

ビッグウィンカジノで本人確認するときの注意点

ビッグウィンカジノで本人確認するときの注意点

ビッグウィンカジノで本人確認する時にこれから解説するポイントに注意してください。

注意点①有効期限内の書類を提出する

当たり前に思われるかもしれませんが、求められる書類は有効期限内のものを提出しましょう。

証明書には有効期限が定められていて、それを少しでも超えれば証明書としては認定されません。

たとえば、免許証やパスポートなど仕事で使わない場合には、有効期限がかなり前に切れていたということもあるでしょう。

その他にも住民票などの住所確認書類も原則3ヶ月以内のものを提出するようにしましょう。

注意点②求められるフォーマットできちんと提出する

また求められるフォーマットできちんと提出することも大切です。

というのも、写真がフォーマット通りに映っていなければビッグウィンカジノ側が否認する他ないからです。

多くの個人情報を扱い、日々大量の書類を処理するためには求められているフォーマットかどうかが判断基準の1つに入ってくるでしょう。

ですから、各提出書類の提出方法に目を通してフォーマット通りに提出するようにしてください。

注意点③光の反射がなく文字が鮮明に見える

確認書類を提出するときのポイントですが、光の反射がなく文字が鮮明に見えることもきちんと確認してください。

光の反射によって文字が見えない場合には、フォーマットとのズレと同じく否認される可能性が高くなります。

注意点④画像ファイル形式に注意する

ちなみにファイルサイズを小さくしたからといって、提出が完全に可能なわけではありません。

たとえば、画像ファイルがPDF化されていたら、実質は画像データなのですがアップロードできません。

無理やりアップロードはできないので、PDFで保存されているのなら、無料の変換アプリを使って「jpg」か「png」形式に変換しておきましょう。

注意点⑤クレジットカード情報は一部を隠す

クレジットカードを提出する際には情報の一部を隠すように指示をされています。

というのも、オンラインカジノ側に重要な情報がバレてしまうと簡単にオンラインショッピングで利用されてしまう可能性もあるからです。

仮にオンラインカジノ側が何もしていなくても、何かの間違いで流出すればクレジットカードを止めざるを得ません。

ビッグウィンカジノの指示に従って、必要な情報だけを渡すようにしましょう。

ラッキーニッキーの本人確認:まとめ

今回の記事ではビッグウィンカジノの本人確認について解説してきました。

ビッグウィンカジノに興味がある方は、ぜひこの機会に当サイト経由で新規登録してください。

ビッグウィンカジノのフルレビューはこちらでチェックできます!

よくある質問(FAQ)

  • ビッグウィンカジノは安全なカジノですか?

    はい。ビッグウィンカジノは正式なカジノライセンスを取得して運営されている安全なカジノです。
  • ビッグウィンカジノはスマホから利用可能ですか?

    はい、可能です。
  • ビッグウィンカジノに日本語サポートはありますか?

    ビッグウィンカジノには24時間日本語対応のサポートがあります。
ひろみ
ひろみ 担当: 編集長 オンラインカジノ歴: 13年

1987年生まれ 兵庫県出身 ロンドンの大学に留学中、友人に勧められてオンラインギャンブルを始め、スポーツベットを中心に今ではスロットやテーブルゲームにも夢中。語学力を活かし日本語サイトだけでなく、日本未進出のオンラインカジノサイトまで幅広くプレイし、プレイヤー目線で記事を執筆しています。趣味はスポーツ観戦とスロットです。