Enter キーを押して検索するか、ESC キーを押して閉じます

最終更新: 2024年5月17日

オンラインカジノの税金はいくら?|徹底解説 2024年5月【最新版】

オンラインカジノの税金

オンラインカジノの税金

オンカジをプレイする際にやはり気になるのは税金システムと納税義務の是非ですね。

ネット上では公にタックスフリーとは公に言い難いオンカジで得た収入は、一時所得として確定申告で申告するように明記されています。

しかし、現状は日本国内でオンラインカジノをプレイする事は合法の非でもなく可でもでもないグレーゾーンと言わざるを得ません。

オンカジにより得た収入を税務申告する事により日本国内つまり政府に公認を得ると見なされオンラインカジノが合法となりうるのでグレーゾーンのあいまいな状況下にあると思われます。

多数のオンカジサイトでは税金の計算方法をランダムに紹介していますがいかに勝利金に対して税金を算出するのか又、その必要性があるのか、確定申告はどの様に、どのタイミングでするのかを検証してみたいと思います。

プレーヤーが意識するオンラインカジノの税金

オンカジをプレイするプレイヤーの税の意識は共有しているのかそれとも個人、個人バラバラの意識で統一されていないのか気になるところです。

実際、ギャンブルで得た収入の処理はどの様に対処すればいいのか疑問点も多いようです。

日本人プレイヤーへのアンケートの結果では半分くらいの人がタックスを支払った事があるとの回答を得られました。

しかしその透明性の真偽が問われている現在ではインターネット上ではオンカジで得た収入に対して疑問視を投げかけるプレイヤーが大多数のように見受けられます。

現在ではオンカジが日本国内で合法扱いになっていないので今後、法整備が進むにつれて税制問題もクリアーになっていく事を期待します。

ランドカジノの税制

本場カジノのアメリカラスベガスや香港マカオでのランドカジノではどのような税制が確立されているのでしょうか?海外はともかく日本の公益ギャンブルに焦点を当ててみましょう。

日本国内で発生するパチンコや競馬、競艇、宝くじで得た儲けに対するタックスはフリーなのでしょうか?いや、そんなに甘くはないのが納税の仕組みです。

オンカジはあくまでもギャンブルと見なされて儲けに対する税金が発生すると法律上では、一時所得として申告しなければなりません。

一時所得とは50万の控除枠が適用されておりそれ以上の収入を得ると確定申告により申請しなければならない様に日本の税法で決められています。

従って、たとえ海外での旅行先のランドカジノで得た収入に対しても日本国内で納税義務を課せられている日本国民に対して日本で稼ぐのと同様に税金を支払わなければならないと強調しています。

オンカジが特別扱いをされる訳はなくカジノ運営元とサーバーが海外拠点にせよオンカジで稼いだ収入に課せられる税金免除はないようです。

海外ではカジノで稼いだ収入に対して税金免除をする国もあるようですが日本でも特例として宝くじを購入して勝って得た収入は税金がかからないようです。

現在では日本国内におけるオンラインカジノの浸透率がまだ低いため規制法が確立されてなくグレーゾーンの域として取り扱われているのが現状です。

オンラインカジノの税金と確定申告

先で述べた様に一般的にオンカジで得た勝利金は、一時所得と見なされて確定申告しなければならないということを確認しましたが、ではしてどのようにオンカジの収入を申告して賭けた金額や損失額を経費として計上して税金対策を講じるかを検証しましょう。

営利目的がない収入に値する一時所得区分はオンラインカジノで得た収入に匹敵するのかそれは儲けるつもりがない状況下においてたまたま当たったという摩訶不思議現象の場合に経費としてみなされます。

一時所得では獲得総額から経費と特別控除額50万円まで差し引いた金額を指します。

従って経費として公認されるのは実質上に利益を生み出す為の使途金を指します。

オンラインカジノ 税金

雑所得区分としての取り扱い

雑所得においての区分では一時所得と違い営利目的で得た所得に対して税金が課せられる所得区分です。

具体的に雑所得とは9種類ある所得区分の何れの区分に該当しないものを言い一時所得は9区分の内訳に入ります。

雑所得扱いとしてオンラインカジノで得た所得を計上するならば注意点として一時所得の50万円を超えなければ申請しなくても良い判断基準がなく一般的に雑所得では20万円以下であれば申告する必要はないと言われています。

従ってオンラインカジノで生じた損失額を経費として差し引く事を考慮して雑所得として確定申告した方が結論的に一時所得で確定申告するよりも手取りが多くなると思われます。

又、仮想通貨取引において得た収入に関しても雑所得区分として取り扱われます。オンカジでの負債額が経費として計上される事が公認されるには一時所得扱いではなく雑所得の分類であれば可能になります。

例えば雑所得扱いでは競馬の負け馬券が経費として勝利金から差し引くことが可能ですがオンカジの負けた額は経費扱いになるかは不透明なのです。

実際に競馬や競艇で勝った収入に対して一時所得扱いに該当するのにオンカジが雑所得区分では線引きが困難なのではとの指摘もあります。

実際に国税庁でも競馬で負けた馬券が経費扱いに出来るかどうかの議論されているようです。

オンカジを日本国内でプレイして尚且つ営利目的を立証される法律が確定されないのでグレーゾーンという曖昧さが残る現状です。

こうした観点から2021年の確定申告では変更点がいくつかあるようです。それは直接的にオンカジをプレイした人が対象とはなりません。

高所得者以外の一般の基礎控除額変更された事によりオンラインカジノで得た収入を一時所得でみるか又、雑所得でみるかに関係なく課税の対象になる総所得金額に対する納税額が減額される見通しです。

オンラインカジノの税金・まとめ

納税義務は日本国に住んでいる人に課せられます。収入に伴い所得税が発生します。

オンカジでの収益は確定申告で一時所得として申請する事により控除枠や収入の半分に対する非課税対象の恩恵を受けますが負債額は差し引かれず勝った分の額面が全てに対して課税対象となります。

又、オンカジで得た収益を確定申告で雑所得として申告した場合では損失額を差し引いて経費として計上する事が出来ます。但し収入目的による事が前提になるのでオンカジを国税庁が公認するか否かは未だ不透明です。

✅オンラインカジノの初め方や仕組みについて詳しく知りたい方は、カジノガイドもご参照ください。

おすすめのカジノサイト一覧

1
ビーシーゲーム
4.1
下記のリンクから登録すると「入金不要ボーナス800円」と「360%最大260万円のボーナス」を獲得
2
ベラジョンカジノ
4.8
今すぐ登録して100%最高500ドルボーナスを獲得
3
トラストダイス
4.3
入金不要ボーナス100 Satoshiを獲得!
4
テッドベット
4.3
最大20万円+200回分スピンさらに選べる追加特典のウェルカムボーナス
5
ボンズカジノ
4.9
登録だけで5,000円の入金不要ボーナス!初回入金ボーナスは「最大39万5,000円ボーナス+200回分のフリースピン」
6
ジョイカジノ
4.4
最大395,000円+500フリースピンのウェルカムボーナス!
7
コンクエスタドール
4.8
最大2,500ドル+フリースピン200回のウェルカムボーナス進呈!
8
カジノシークレット
4.4
賭け条件なし!最大3,000ドルの初回入金ボーナス
9
遊雅堂カジノ
4.3
【限定】入金不要ボーナス3,000円+最高10万円のウェルカムボーナス進呈!
10
ミスティーノ
4.5
【限定】新規登録で3,500円の入金不要ボーナス

よくある質問(FAQ)

  • オンラインカジノの収入を確定申告すると会社にばれる?

    その可能性はあります。確定申告を行う事で住民税の算定をするため、税務署は申告内容を自治体に通知する義務があります。 従って必然的に企業に住民税増額に関する通知が送られます。 その時点で副収入の判明がなされて企業に副収入源の内容を聞かれる可能性があります。
  • オンラインカジノによる支払い調書の発行は可能?

    カジノサイトにより可能な場合があるのでカスタマーサポートに問い合わせましょう。 具体的に支払調書に変わる収入の内訳を単にエクセル表で明記したものに限定する場合もあるので事前に確認が必要となります。 これは税務署のホームページの情報を基に記載された事項なので詳細を知りたい場合にはお近くの税務署や税理士にお問い合わせ下さい。
さゆり
さゆり 担当: コンテンツライター オンラインカジノ歴: 11年

1986年生まれ 東京都出身 幼少時から生粋のゲーム好きで、初めてカジノゲームに触れたのは、あの超有名RPG。クエストそっちのけでカジノイベントにハマる子供で、大人になってからは自然とオンラインカジノの世界へ。家族の都合でヨーロッパへ移住。日本の大学卒業後、新卒から某ゲーム会社で働いていた経歴から、オンラインカジノ運営での仕事に誘われ、数年働いたのちオールカジノのライターへ。好きなゲームはポーカーです。