Enter キーを押して検索するか、ESC キーを押して閉じます

最終更新: 2024年2月5日

オンラインカジノは違法なの?|ネットカジノ合法性 2024年7月【最新版】

オンラインカジノは違法なか合法か

✅ オンラインカジノが違法か合法か知りたい
✅ オンラインカジノと賭博法の関係性を理解したい
✅ 日本で安全なオンラインカジノを選びたい

当記事はこのような疑問をお持ちの方へ、おすすめです。

要約
  • 日本ではオンラインカジノに関する法律がない。
  • よって合法でも違法でもないグレーゾーン。
  • 運営元が海外にある合法なオンカジでプレイすればOK
  • IR法案で今後オンカジが合法になるかも?

結論からお伝えすると、日本にはオンラインカジノに関する法律がないため、オンラインカジノが日本で違法か合法かは明確に定められていません。俗にいうグレーゾーンに位置します。

このページでは、グレーゾーンと言われる理由や日本人がオンラインカジノを利用する場合の違法性について詳しく解説します。

エマ

一部の例外を除き日本の法律では賭博が禁止されています。そのため日本人がオンラインカジノを利用する場合は、オンラインカジノの合法性や違法性などの法律面について理解しておくことが重要です!

目次

オンラインカジノの違法性について

オンラインカジノはグレーゾーン

オンラインカジノは世界中で人気の娯楽活動のひとつです。

ヨーロッパやアメリカなどカジノの本場はもちろん、日本でも新しい余暇活動として注目を集めており、日本でのオンラインカジノ利用者は、推定で280万人と皆さんが思うよりも多く存在しています。

そんなオンラインカジノを私たち日本人が始める場合、気になるのはオンラインカジノの違法性に関する問題です。

ここでは、オンラインカジノの違法性について詳しく解説していきます。海外オンラインカジノの扱いや、どのようにサービスを行っているかについて分かりやすく説明します。

一番気になる日本人にとってオンラインカジノは合法か違法か?という疑問についてもお答えしますので、オンラインカジノの利用を検討している方もご覧ください。

オンラインカジノは海外企業によって運営

オンラインカジノ運営元の情報は、オンラインカジノの違法性に関する重要なポイントです。

皆さんの知るオンラインカジノは海外の企業によって運営されています。
キュラソー(オランダ構成国)やマルタ共和国などのオンラインカジノを含むギャンブルを合法とする国に企業登録をしており、インターネットを経由して日本を含めた各国から利用できるオンラインカジノサービスを提供しています。

ここで重要な点は、オンラインカジノが海外の企業によって運営されていること、政府に認可されていることです。

中にはライセンスを取得していないオンラインカジノもありますが、優良オンラインカジノは政府公認の海外企業によって運営されていることを頭に入れておきましょう。

オンラインカジノはライセンスによって合法に運営

オンラインカジノはライセンスによって合法化されている

オンラインカジノは、政府から発行される『カジノライセンス』と呼ばれる運営許可証を取得することで合法的に運営ができます。

カジノライセンスは、オンラインカジノの運営を合法としている国の政府によって発行されています。オンラインカジノの運営会社は高額の登録料を支払い、厳しい審査を通過して政府からライセンスを取得します。

加えて、認可後も抜き打ちで監査が入ります。

要するに、ライセンスを取得しているオンラインカジノは信頼できる企業によって合法的に運営されており、一方で、ライセンスを取得していないオンラインカジノは違法に運営されているということです。

エマ

日本でも商売を始める場合に営業許可証が必要になる業種があります。それと同じように、オンラインカジノを合法的に運営するためには政府からの運営許可が必要です!

日本においてオンラインカジノは合法でも違法でもない

オンラインカジノの利用は海外の多くの国で合法とされていますが、最も気になるのは日本からオンラインカジノを利用する場合の違法性についてです。

結論から言うと、日本でオンラインカジノを利用することは違法ではありません。

しかしながら、完全に合法とも言えないのが現状です。

日本でオンラインカジノが合法とも違法とも言えない大きな理由は、日本にはオンラインカジノに関する法律が存在しないためです。

オンラインカジノはライセンスを取得する形で外国政府によって認可を受けています。

海外で合法的に運営されているオンラインカジノを日本の法律で取り締まることができないため、日本では合法でも違法でもないグレーゾーンの扱いになっています。

エマ

気になる「賭博法」は「運営側の検挙を目的とする」ことが前提なので、海外で合法化されているオンラインカジノを日本政府が検挙しない限り、賭博法は成立しません。

オンラインカジノ 法律について

オンラインカジノ 法律について

パチンコやパチスロ、競馬や競艇など一部の公営ギャンブルを除き、日本では法律で賭博行為が禁止されていることは皆さんも周知のことでしょう。

日本でオンラインカジノが合法でも違法でもない理由は、先にも述べた通り日本にオンラインカジノを取り締まる法律が存在していないためです。

では、なぜオンラインギャンブルを違法としていないのか、なぜネットカジノに関する規制や法律が存在しないのか気になる方は多いでしょう。

それには、日本のオンラインギャンブル法の歴史が関係してきます。

次は、日本におけるギャンブル法の歴史から現在のオンラインギャンブル新法まで、日本のギャンブル法について解説していきます。

日本におけるギャンブル法の歴史

日本におけるギャンブル法の歴史は古くから存在します。いつの時代にも新しい賭博が誕生しては当時の政府によって禁止令が出され、次第に賭博に関する法律や政府公認の公営賭博が誕生しました。

日本のギャンブル法の歴史をまとめると下記のとおりです。

  • 飛鳥時代
    • 西暦685年に天武天皇が博戯(賭博)を見物
    • 盤双六が流行する
    • 使節団によって中国からサイコロや囲碁が持ち込まれる
    • 西暦689年に持統天皇により双六禁止令が発表される
  • 戦国時代
    • 丁半博打が流行する
    • 戦国武将の間でカルタが流行する
    • ポルトガルから長崎を通じて全国にカルタが広まる
    • サイコロを使った賭博が禁止される
  • 江戸時代
    • 1648年に幕府によってカルタが禁止される
    • 1787年に賭博用カルタの製造販売が禁止される
    • 花札が流行するも禁止される
    • 公営賭博の富くじが登場
    • 違法富くじが流行ったことで富くじ自体が禁止される
    • 闇ギャンブルが流行する
  • 明治時代〜戦後
    • 1884年に賭博犯処分規則が制定
    • 西洋からトランプが紹介されたことで江戸時代に禁止された花札が解禁
    • 戦後すぐに公営賭博が開始
    • 1902年に骨牌税法が制定
    • ギャンブル大国として現在の日本に至る

現在の日本のギャンブルとギャンブル法が確立するまでの歴史について詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。

飛鳥時代:日本におけるギャンブルの始まりと初の規制

日本においてギャンブルはとても古くから存在します。遡ること西暦685年の飛鳥時代。当時の天武天皇が博戯(賭博)を見物したことが日本書紀に記載されています。

この当時に流行していた博戯というのは、盤双六(ばんすごろく)と呼ばれるサイコロを使った盤ゲームです。盤双六は盤面に置かれた双方15個の駒をどちらが先にゴールさせるかを競う遊びです。現代で言うところのバックギャモンと呼ばれるボードゲームに近いゲームで、当時は駒に石が用いられ、賭けの対象には牛や馬などが使われていたようです。

バックギャモン(イメージ)

盤双六をきっかけに、サイコロを使用したゲームや囲碁などの博戯も当時は流行しましたが、熱中しすぎて仕事を疎かにする人が増えてしまったため、西暦689年に当時の持統天皇が双六に関する規制や禁止令を発表しました。

戦国時代:ギャンブルの大ブームと禁止令

時は流れて戦国時代。敵国の領土、人や物を略奪するために、足軽たちは命をかけて戦場に行きますが、そんな彼らのストレスは計り知れません。

そんな時に、彼らの間でストレス解消としてブームになっていたのがギャンブルです。戦国時代では、合戦の合間の息抜きとして賭け事が行われていたため、道具を必要としないサイコロの出目で勝負を行う丁半博打のような単純な賭博や、持ち運びに便利なカルタなどのゲームが流行しました。

丁半博打

そうしてサイコロやカルタの賭博が広まったことで、金銀や青銭もあっという間に失われ、賭けの対象として合戦に必要な武具や馬具、やがては賭け金を調達するために略奪行為が行われるようになりました。その結果、またしてもサイコロを使った賭博が禁止されてしまいます。

江戸時代:様々な賭博の誕生と違法賭博の流行

江戸時代に入ると賭博はさらに広がりを見せます。サイコロを使った賭博だけでなく、闘鶏(とうけい)やカルタ、花札や富籤(とみくじ)といった賭博が次々と登場します。

しかし、これらも禁止されるまでそう長くはありません。

1648年に幕府によって禁止されたカルタは禁止令をくぐり抜けるように様々なアレンジを加えて登場しますが、1787年には賭博用のカルタの製造や販売が一切禁止されます。カルタのイメージを変えるように誕生したのが花札ですが、これも当然禁止されてしまいます。

このように、新しい賭博が流行しては幕府によって禁止されるイタチごっこを繰り返す中で、次第に表ではなく店の裏や奥に賭博場を用意する形で違法賭博が密かに流行していきます。

そんな中で、初めて公営賭博として誕生したのが寺社による富くじです。

神社

しかし、富くじも販売するために幕府の許可が必要なことから、次第に陰富(かげとみ)と呼ばれる違法の富くじが流行りだし、これの影響で正規の富くじは禁止されることになります。

明治時代〜戦後:賭博犯処分規則を制定

日本のギャンブル法の歴史で欠かせないのが明治時代から戦後にかけての出来事です。
江戸幕府体制が終わり、明治時代に突入する頃には賭博がより身近な存在になりましたが、その反面、ギャンブルに対する厳しい規制が生まれた時代でもあります。

これまでは、賭博行為による罪は現行犯による逮捕のみと軽い罪状でしたが、賭博に対して ‘’ 賭博犯処分規則 ‘’ が制定されたことで、厳罰化、現行犯でなくとも逮捕が可能になりました。

しかし、第二次世界大戦が終わった戦後には、ギャンブルが違法とされながらも、宝くじや競馬といった公営賭博が認可されていきます。その他、江戸時代に禁止されていた花札も解禁されることになりました。日本国内に現代のパチンコ店が生まれたのもこの頃です。

パチンコ

公営賭博が次々と誕生したことで、骨牌税法(こっぱいぜい法)が制定され、ギャンブルに使う道具に対しても税金が発生するようになりました。

新しいオンラインギャンブル法

日本においてオンラインギャンブルに関する法律は未だ制定されていません。

日本国内で初めて賭博に関する刑法が制定されたのは明治時代です。

日本でインターネットが普及し始めたのは1995年と最近のことであり、ネット上での賭博は想定されていませんでした。

日本におけるオンラインカジノの違法性が世間では騒がれているため、今後、日本で新しいオンラインギャンブル法が制定される可能性も十分にあります。

ただし、日本はインターネットに関する整備法が他国よりも遅れているため、オンラインカジノを取り締まる体制ができていないのが現状です。

オンラインカジノをプレイすると逮捕される?

インターネットで「オンラインカジノ 逮捕」と検索すると、様々な記事が出てきます。

また、テレビのニュースでもネットカジノ 逮捕のニュースを見かけることがありますね。

日本にはオンラインカジノに関する明確な法律は存在しませんが、残念ながら、オンラインカジノの日本人利用者が違法として逮捕されてしまうケースもいくつかあります。

ここでは、以下の摘発例をもとにネットカジノで逮捕される可能性のあるケースを2つご紹介します。

  • 日本国内に存在するインカジの摘発と利用者の逮捕事例
  • 海外のオンラインカジノで日 本人プレイヤーが摘発された事例

日本の賭博罪とネットカジノの関係性についても説明していますので、ネットカジノ 犯罪に巻き込まれないためにも、あらかじめ確認しておきましょう。

日本国内に存在するインカジの摘発と利用者の逮捕事例

日本国内でオンラインカジノの利用者や運営者が逮捕された事例の多くは「インカジ」と呼ばれるものカジノを行ったことが理由です。

インカジとはインターネットカジノの略称であり、「裏カジノ」「闇カジノ」とも呼ばれています。

インカジは政府からの運営許可を受けていない違法カジノです。

インターネットに接続してカジノゲームを楽しむ点においてはオンラインカジノと変わりませんが、インカジは日本国内の店舗内からオンラインカジノが利用できる環境を提供し、ゲームの勝敗に応じて店舗内で現金の支払いが行われる点が異なります。

日本でお金を賭ける場所を提供することは【賭博場開張図利罪】に該当します。

また、インカジを利用した日本人プレイヤーもお金を賭ける行為を行ったとして【賭博罪】が適用されます。

以下、ウィキペディアの引用文を参照。

賭博場開張図利罪・博徒結合図利罪
賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処せられる(刑法186条2項)。

賭博罪
賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処せられる(刑法185条本文)。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは不処罰とされている(刑法185条但書)。常習賭博罪と区別する目的で、単純賭博罪とも呼ばれる。

引用:Wikipedia『賭博及び富くじに関する罪』

海外オンラインカジノで日本人プレイヤーが摘発された事例

インカジの事例と異なり、ライセンスを取得している海外の合法オンラインカジノを日本国内で利用した日本人プレイヤーが摘発された事例もあります。

大きなニュースとなったのは、2016年3月に日本で初めてオンラインカジノプレイヤーが摘発されたスマートライブカジノ事件です。

当時、スマートライブカジノを利用していた日本人3名が京都府警によって逮捕されました。

摘発されるに至った大きな原因は、日本国内のオンラインカジノを利用した可能性について疑われたためです。

3名がブログに投稿したオンラインカジノのID付きの画像がきっかけでした。

最終的に、逮捕者2名は略式起訴を受け入れましたが、残りの1名は不当な訴訟として法廷で争い不起訴処分を勝ち取りました。

不起訴になった大きな理由は、海外政府によって認可されている合法オンラインカジノを日本の法律では裁けないと判断されたためです。

エマ

最近では日本語対応のオンラインカジノが増え、日本国内で営業していると勘違いされてしまう可能性もゼロではありません。オンラインカジノを利用する場合はプレイ画像や動画のアップは避けましょう。

違法なオンラインカジノを回避するためのヒント

違法なオンラインカジノを回避するためのヒント

日本国内で営業しているオンラインカジノや、海外政府からライセンスを取得していないオンラインカジノは違法です。

残念なことに違法オンラインカジノは私たちの身近に存在します。違法カジノでプレイすると勝利金が受け取れない、イカサマに合うなどトラブルの元になりますので、オンラインカジノ選びは慎重に行いましょう!

ここでは、違法オンラインカジノを選んでしまわないために、オンラインカジノ選びのヒントをご紹介します。

これからオンラインカジノの利用をお考えの方は、下記のポイントが当てはまるか否かをチェックしてみましょう。

 海外のライセンスを取得している?

ライセンス

まず、オンラインカジノが合法か違法かを判断できる方法は、オンラインカジノが取得している「ライセンス」をチェックすること。

海外企業によってサービスが提供されているオンラインカジノは、オンラインカジノが合法である国からライセンスが発行されているはずです。

つまり、ライセンスを持たないオンラインカジノは違法カジノであり、そういったオンラインカジノを利用するとトラブルの元になります。

企業情報やライセンス情報は利用規約や公式サイト下部に明記されています。

ライセンス情報はオンラインカジノ公式下部で確認

エマ

カジノライセンスは、マルタ共和国やキュラソー島政府が発行しているものが一般的です。ライセンスを取得していないオンラインカジノは全て違法オンラインカジノなのでくれぐれもご注意ください!

オンラインカジノのサーバーは海外にある?

オンラインカジノのサーバーが海外にあることを確認しておくことも大事です。

サーバーとは、情報の処理やファイルの保管、コンテンツを提供する側のコンピューターのことで、ウェブサイトを置いておく場所とイメージしていただくと分かりやすいでしょう。

海外で合法に運営しているオンラインカジノはサーバーが海外にあるはずです。

日本国内のサーバーを経由してオンラインカジノを運営することは日本国内でオンラインカジノを運営するのと同義となり違法です。

お金を賭ける場所を日本国内で提供したとして「賭博場開張図利罪」が適用されます。また、それに伴い賭ける側も「賭博罪」が適用されます。

オンラインカジノの利用規約からサーバーが海外にあることを確認しておきましょう。

オンラインカジノは海外で運営されている?

オンラインカジノの運営拠点が海外であるかも重要なポイントです。

海外で合法に運営しているオンラインカジノは、例外なく海外の企業によって運営されています。

もし、あなたが利用を検討しているオンラインカジノが日本企業による運営であった場合は、違法であることを意味します。

サーバーが海外にあったとしても、運営会社が日本国内に存在していた場合は違法カジノです。

実際に2016年6月に日本国内でオンラインカジノのサービスを提供した運営会社の関係者が逮捕されるニュースもありましたが、この事件では運営会社が国内にありました。

運営会社と所在地

プレイヤーへの支払い実績がある?

オンラインカジノで稼いだ勝利金がプレイヤーに支払われているかを確認することも大事です。

政府の取り締まりを受けていない違法オンラインカジノはお金を騙し取ることを前提としているため、勝利金の不払いが起こる可能性があります。

支払い実績の有無は合法オンラインカジノを見極める重要な手がかりとなりますが、オンラインカジノの中でも取引に関するスピードや対応はまちまちです。

合法であっても支払いの遅延や支払い拒否が目立つオンラインカジノは経営状況に問題がある可能性も考えられます。

ネット上での全ての情報が正しいとは限りませんが、ツイッターやフェイスブックなどのSNSを通してオンラインカジノの支払い実績の有無をリサーチするのもよいでしょう。

第三者監査機関から監査を受けている?

第三者監査機関

オンラインカジノまたはソフトウェア会社が第三者監査機関から監査を受けているかを確認することも大事です。

第三者監査機関とはゲームのプログラムに不正はないか、ペイアウト率や還元率が適正に保たれているかどうかを独自に審査する機関です。

ライセンスとは違い、運営に必ず必要なものではありませんが、ライセンス発行機関とは違った面からカジノの公平性について監査を行うため、監査を受けているオンラインカジノはより安全にプレイできると言えます。

監査を受けているオンラインカジノは少ないですが、監査機関から認定を受けているソフトウェアは多くあります。監査を受けているゲームプロバイダーが導入されているかも注目ポイントです。

監査機関から認定されているソフトウェア

監査機関から認定されているソフトウェア

エマ

第三者監査機関には、eCOGRA、GLI、iTech Labsなどがあります!

日本で合法なオンラインギャンブルは?

オンラインカジノではスロット、テーブルゲーム、ライブカジノゲームなど多種多様なゲームジャンルが用意されており、数千種類を超えるオンラインカジノゲームが楽しめます。

次は、オンラインカジノで提供しているゲームが日本で合法なのか違法なのかを見ていきましょう。

オンラインスロットは合法または違法?

オンラインスロットは合法または違法?

海外政府から認可を受けて運営を行うオンラインカジノにおいて、オンラインスロットは合法に提供されているカジノゲームです。

このことから、日本人プレイヤーがオンラインスロットで遊ぶことは違法性が低いと考えられます。

これは、日本人が海外の旅行先でカジノ場に立ち寄りギャンブルを楽しむのと同じです。

ただし、合法と認められた国のルールや規則に基づいて運営を行うオンラインカジノに限ります。

違法に運営されているオンラインカジノでオンラインスロットをプレイした場合はトラブルが発生する恐れがあります。

オンラインポーカーは合法または違法?

オンラインポーカーは合法または違法?

ポーカーは世界中にプレイヤーがいる人気ゲームであり、オンライン ポーカー 違法であるかどうか気になる方は多いはず。

ライセンスを取得しているオンラインカジノにおいて、ポーカーは合法的に楽しめるカジノゲームです。日本人がオンラインポーカーで遊ぶことは違法性が低いと考えられます。

オンラインブラックジャックは合法または違法?

オンラインブラックジャックは合法または違法?

合法的に運営しているオンラインカジノにおいて、ブラックジャックもまた安全に楽しめる人気ゲームです。

よって、日本人がオンラインブラックジャックで遊ぶことに関して違法性は低いと考えられます。

ブラックジャックはペイアウト率が非常に高く、オンラインカジノで遊べるカジノゲームの中でも比較的に勝ちやすいゲームと言われています。

遊び方や攻略法を覚えて合法オンラインカジノでブラックジャックをプレイしてみましょう。

オンラインバカラは合法または違法?

オンラインバカラは合法または違法?

バカラのゲームは初心者から上級者まで幅広い層に好かれる人気ゲームです。オンラインバカラ 違法かどうか気になる方は、合法に運営しているオンラインカジノでプレイすれば問題ありません。

オンラインカジノではスピードバカラからスクィーズバカラまで多くのバカラゲームが楽しめます。

日本人がオンラインバカラをプレイすることに対して違法性は低いと考えられます。

バカラはオンラインカジノゲームの中でもシンプルなルールで初心者でも楽しめるゲームです。スピーディーにサクサクとプレイが進められるので、気になる方は遊んでみましょう。

オンラインルーレットは合法または違法?

オンラインルーレットは合法または違法?

カジノゲームと言えばまずルーレットを思い浮かべる方も多いでしょう。

海外政府から認可を受けて運営しているオンラインカジノではルーレットも合法に遊べます。

日本人がオンラインルーレットをプレイすることは違法性が低いと考えられます。

ルーレットは回転盤に球が落ちる場所を予測するシンプルなゲーム性で誰でも簡単に楽しめます。

ライブカジノゲームは合法または違法?

ライブカジノゲームは合法または違法?

ライブカジノは、本場カジノ場または特設スタジオからリアルタイムでゲーム映像が配信されるサービスです。実際にカジノでプレイしているような臨場感が味わえるため、人気のゲームですが、ライブカジノ 違法かどうか、気になる方もいらっしゃるでしょう。

ライセンスを取得しているオンラインカジノにおいて、ライブカジノゲームは合法に楽しめる人気のゲームジャンルです。

よって、日本人がライブカジノで遊ぶことは違法性が低いと言えます。

カジノアプリは合法または違法?

ラッキーニッキーカジノアプリ

オンラインカジノの中には専用カジノアプリを開発しているカジノサイトがあります。

ブラウザからも快適にプレイできますが、アプリなら数秒で起動できるためさらに便利。インストールする前にカジノ アプリ 違法かどうか気になりますよね。

結論を言えば、合法なオンラインカジノの公式アプリは、合法のアプリです。

このことから、日本人がカジノアプリを利用しても違法性はないと言えるでしょう。

公式アプリはGoogle PlayやApp Storeから検索するか、オンラインカジノのサイト上で専用のリンクを経由するとインストールできます。

ただし、アンドロイドで提供元不明アプリをインストールする場合は注意が必要です。

提供元の企業情報やライセンス情報は事前に確認しておきましょう。

オンラインカジノと日本の法律|カジノ法案がオンラインカジノに与える影響

カジノ法案がオンラインカジノに与える影響

皆さんもご存じのとおり、2016年にカジノ法案(IR推進法)が成立し、2018年にIR整備法が成立したことで、これから日本でカジノの存在がより身近になりそうですね。

そんな中で注目されるのは、オンラインカジノと今後の日本の法律に関する動きです。

カジノ法案が成立し日本でカジノが解禁されることで、オンラインカジノ界ではどのような変化が予想されるのでしょう?

ここでは、カジノ法案とカジノ法案がもたらすオンラインカジノの影響について考察していきます。

カジノ法案(IR法案)とは

カジノ法案(IR推進法)とは、統合型リゾート(IR)整備推進法案の略称です。

統合型のリゾート施設を日本国内に建設し、法律に従ってカジノ施設を運営していくという法案です。国外からの観光客を集客し、悪化した日本の財政を立て直すという目的のために考案されました。

統合型リゾートとは、施設・敷地内にカジノ、映画館、スパ、ショッピングモール、スポーツ施設、レストランなど様々な施設やショップが統合されたリゾート施設のことを指します。

エマ

カジノ法案は、単に日本でカジノを解禁するために作られた法ではなく、外国人観光客を誘致し、日本経済を活性化させるために施行されました。

カジノ法案がオンラインカジノに与える影響について

カジノが合法とされている国では、オンラインカジノの運営や利用も合法です。

このことを踏まえ、日本にカジノを併設する統合型リゾート施設が建設されたのち、他国と同じようにオンラインカジノが合法化される可能性も十分にあるのではないでしょうか。

日本では長きにわたり、オンラインカジノの違法性について論議されてきました。

日本にはオンラインカジノに関する法律が存在しないことから、現状は日本でオンラインカジノは「違法」でも「合法」でもないグレーゾーンですが、カジノ法案が成立したことで日本政府にとってのカジノのイメージも変わる可能性があります。

結論:オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

海外のカジノゲームが気軽に楽しめるオンラインカジノは日本人におすすめのサービスです。

ただし、日本人がオンラインカジノを利用する場合は、注意する点がいくつかあります。
日本では刑法により、賭博場の提供や日本国内での賭博が禁止されているため、必ず海外企業が運営する、海外政府のライセンスを取得した合法オンラインカジノを選択しましょう。

当サイトでは、日本で人気の合法オンラインカジノをご紹介しています。

安全なオンラインカジノをお探しの方は下記のトップリストをチェックしてみてくださいね。

合法オンラインカジノのおすすめ

1
ベラジョンカジノ
4.9
今すぐ登録して100%最高500ドルボーナスを獲得
2
ボンズカジノ
4.8
登録だけで5,000円の入金不要ボーナス!初回入金ボーナスは「最大39万5,000円ボーナス+200回分のフリースピン」
3
ミスティーノ
4.8
【限定】新規登録で3,500円の入金不要ボーナス
4
ラーメンベットカジノ
4.7
【当サイト限定】入金不要ボーナス5,000円+30回フリースピン進呈中!
5
遊雅堂
4.7
【限定】入金不要ボーナス3,000円+最高10万円のウェルカムボーナス進呈!
6
K8カジノ
4.7
初回入金100%最大800ドル
7
コンクエスタドール
4.6
最大2,500ドル+フリースピン200回のウェルカムボーナス進呈!
8
カジノエックス
4.6
今すぐ登録して20万円のボーナスをゲット
9
カジノシークレット
4.5
賭け条件なし!最大1,500ドル初回入金キャッシュバック
10
カジノデイズ
4.5
【当サイト限定】入金不要フリースピン100回分を進呈中!
11
ジョイカジノ
4.4
最大395,000円+500フリースピンのウェルカムボーナス!
12
テッドベット
4.3
最大20万円+200回分スピンさらに選べる追加特典のウェルカムボーナス
13
コニベット
4.3
最大650ドルのウェルカムボーナス進呈!
14
ステークカジノ
4.2
VIPブロンズレベル相当5%レーキバック
15
カジ旅
4.2
最大500ドルのボーナス+人気スロットの250回フリースピン+スポーツブックで使える5ドル分フリーベットさらに追加100回フリースピン
16
カジノスカイ
4.2
登録だけで入金不要ボーナス7,777円を進呈中!
17
ビーシーゲーム
4.1
下記のリンクから登録すると「入金不要ボーナス800円」と「360%最大260万円のボーナス」を獲得
18
ワンバイベット
4.1
ウェルカムパッケージ最大1,950ドル + 150フリースピン
19
エルドアカジノ
4.1
初回入金キャッシュバック50,000円
20
新クイーンカジノ
4.0
最大88ドルボーナス+最大88回無料スピン

よくある質問(FAQ)

  • どんなオンラインカジノが合法なの?

    運営会社の所在地が海外であり、オンラインカジノが合法な国の政府からライセンスを取得しているオンラインカジノが合法です。
  • オンラインカジノのライセンスはどこで確認できる?

    オンラインカジノのライセンス情報は公式トップページのフッター部分またはアイコンや利用規約から確認できます。ライセンス情報は必ずウェブページに掲載されていますので、ライセンスが掲示されていないオンラインカジノの利用は避けましょう。
  • 日本ではオンラインカジノは合法?

    日本ではオンラインカジノに関する法律がないため、日本にとってオンラインカジノが違法か合法かは明確に定められいません。
  • オンラインカジノに「賭博法」は適用されますか?

    日本の賭博に関する法律は「単純賭博罪」と「常習賭博罪」の2種類があります。一見、賭博法が適用されると考えられますが、この法には前提として「賭博犯の捜査は運営側の検挙を目的とする 」としています。海外で合法に運営されているオンラインカジノを日本政府が検挙することがない限り、賭博法が成立することはないと言えます。
エマ
エマ 担当: カジノライター オンラインカジノ歴: 15年

1991年生まれ 東京都出身 大学卒業後に一般企業に就職、そのあと語学留学でヨーロッパに滞在している時に、現地のゴージャスなランドカジノにハマりました。日本に帰国後は、オンラインカジノで主にバカラとブラックジャックをプレイしています。カジノで得た知識を活かし、おすすめのゲームや必勝法を中心に様々な記事をお届けしています。